伊丹コンタクトレンズセンターは、初めてコンタクトレンズを使用される方をサポートします!

  • HOME
  • コンタクトレンズの使い方

コンタクトレンズの使い方

 

1.png  コンタクトレンズは種類によって、使用方法が異なります。
 コンタクトを使い始める前に、ここでコンタクトの使い方を確認しておきましょう。

 

 ソフトコンタクトレンズの使い方


 ソフトコンタクトレンズを付ける前に、レンズに傷や汚れなど異常がないか確認します。
 まら、ソフトコンタクトレンズは裏表があるので レンズの裏表を確認してください 
 慣れないうちには、裏表の区別がしにくいかもしれませんが、指の上に乗せ、横からみると形で判断できます。
 異常がないことがわかったら、まず、親指の先にレンズをのせ、同じ手の中指で下のまぶたを下げ、反対の指で上のまぶたを上げます。
 黒目の丸が見えたらそこにゆっくりとレンズをのせていき、下まぶたその後上まぶたの順で、ゆっくりを離していきます。
 左右見え方や痛みがないか確認しましょう。

 ハードコンタクトレンズの使い方


 ハードコンタクトレンズも使い方を守る必要があります。
 こちらも装着する際に、レンズに傷や汚れなどがないかを確認します。
 もし、レンズに汚れやキズなどがあると、強い痛みを感じたり、眼球に傷がつく場合があります
 装着の方法はソフトコンタクトレンズと同様に、利き手の人差し指にレンズをのせ、両手を使い眼球の中央にレンズをそっと置きます。
 左右の見え方に違いがないか確認してください。もし、痛みを感じたら、我慢せずにすぐにはずしてください。

 コンタクトレンズの注意点


 1日使い捨てのコンタクトレンズ以外を使用する場合は、レンズの手入れをきちんとするように心がけましょう。
 また長時間の使用はできるだけ避けましょう
 さらに眼科で定期健診を受け、レンズの寿命がきたら新しいレンズに買い替える必要があります。
 また、コンタクトレンズは、どんなに性能がよくなったとしても、どうしても目に負担がかかってしまいます。
 家にいるときなどはメガネにするなど、長時間の装着はできるだけ避け、目に負担がかからないようにしましょう。

COPYRIGHT© 2010 ITAMI CL CENTER ALL RIGHTS RESERVED.