コンタクトレンズの使用までの流れ

  • TOP
  • >
  • コンタクトレンズの使用までの流れ
眼科にて診察が必要です 眼科にて診察が必要です
近年、コンタクトレンズ専門店や雑貨やさん、インターネットでも気軽に買うことができるコンタクトレンズ。
処方箋もなく簡単な視力検査のみで作ることができます。
ですが、眼科医がいない場合も多いため、その検査では目の病気の有無や眼の状態をきちんと診察するわけではありません。

コンタクトレンズは、様々な視覚異常を矯正するための高度医療機器です。
普及してきたいまだからこそ、眼のリスクを考えてきちんとした流れでご使用ください。


伊丹コンタクトレンズセンターでのコンタクトレンズの使用までの流れをご紹介します。
step1
眼科で問診
眼科で問診普段の眼の状態をお伺いし、コンタクトの装用ができるかを確認いたします。
*お一人、お一人に合ったコンタクトを選ばさせていただきますので、初めてコンタクトを作る際は1時間前後お時間いただきます。月・火・水(午前診10:30)、木・金(午前診 10:30/午後診17:30)、土(午後診 15:30)までにご来院ください。
step2
視力検査
視力検査視力、眼圧や目の表面のカーブ の測定、涙の量などを検査させていただき、コンタクトの度数などを決めていきます。
step3
コンタクトレンズを選ぶ
コンタクトを選ぶSTEP1・STEP2の検査結果と、患者様の生活スタイルに合わせてコンタクトを選んでいきます。
step4
フィッティング検査
フィッティング検査先ほど選んだコンタクトを実際に装着し(高度医療機器取り扱いの資格を持った検査員がレンズを装着、着脱いたします。)、目のカーブに合うか、フィット感に違和感がないかを確認していただきます。
step5
装着&着脱の練習
装着&着脱の練習実際に患者様ご自身で装着、着脱の練習をして頂きます。
step6
取扱・ケアの説明
取扱・ケアの説明最後に、検査員がコンタクトの取り扱いとケアのご説明をさせていただきます。
気になること、不安なことがありましたら、遠慮なくご相談ください。