コンタクトレンズの正しい使い方

  • TOP
  • >
  • コンタクトレンズの正しい使い方
目に直接のせるコンタクトレンズ 目に直接のせるコンタクトレンズコンタクトレンズの種類によって、使用方法が異なります。
コンタクトレンズを使い始める前に、コンタクトレンズの使い方を見てみましょう。
ソフトコンタクトレンズ
装着前に・・・
①レンズに傷や汚れなど異常がないか確認してください。
②ソフトコンタクトレンズは裏表があるのでレンズの裏表を確認します。
※慣れないうちには、裏表の区別がしにくいかもしれませんが、指の上に乗せ、横からみると形で判断できます。

異常がないことがわかったら・・・
③まず、人差し指の先にレンズをのせ、同じ手の中指で下のまぶたを下げ、反対の指で上のまぶたを上げます。
④黒目の丸が見えたらそこにゆっくりとレンズをのせていき、下まぶたその後上まぶたの順で、ゆっくりを離していきます。
⑤左右見え方や痛みがないか確認しましょう。

装着後は・・・
⑥コンタクトレンズ指定の洗浄液で汚れを洗い流してください。
※つけ置きではなく、こすり洗いをしましょう。
⑦保存ケースに保存液をいれ、保存してください。
※洗浄液と保存液が同じケア用品もあります。
※洗浄・すすぎ・消毒(保存)効果をもつケア用品の場合は、専用のたんぱく質除去剤を併用して、たんぱく質除去をおこなうことをお勧めします。
※保存ケースは定期的に交換するようにしましょう。
ハードコンタクトレンズ
装着前に・・・
①レンズに傷や汚れなど異常がないか確認してください。
※もし、レンズに汚れやキズなどがあると、強い痛みを感じたり、眼球に傷がつく場合があります。

異常がないことがわかったら・・・
②人差し指の先にレンズをのせ、同じ手の中指で下のまぶたを下げ、反対の指で上のまぶたを上げます。
④黒目の丸が見えたらそこにゆっくりとレンズをのせていき、下まぶたその後上まぶたの順で、ゆっくりを離していきます。
⑤左右見え方や痛みがないか確認しましょう。
※もし、痛みを感じたら、我慢せずにすぐにはずしてください。

装着後は・・・
⑥レンズを手のひらにのせ、洗浄液をレンズの表面に数的落とします。
⑦指のはらの部分をレンズにあて、優しい力でこすります。
※力を入れすぎると、レンズが反転して使用できなくなる場合があるので注意が必要です。
⑧保存ケースにレンズを入れ、保存液を満たし、保存します。この間に洗浄とたんぱく質除去が保存と同時に行われます。
※朝は水道水で十分にすすいでから装用します。
たんぱく質除去とは
「長時間つけていると、レンズがくもって視界が悪くなる」「夜、レンズが目にくっついて取りづらい」・・・そんなときはたんぱく質の汚れが原因かもしれません。
コンタクトレンズは、体の外から付着してくる汚れはもちろんのこと、脂質やカルシウムといった体の中から分泌される汚れがたくさんついています。その体の中からの汚れの一種であるたんぱく質は、他の汚れと異なり、通常の洗浄成分では落としきることのできない汚れです。たんぱく除去専用のケア用品を使うことで、コンタクトの不具合を取り除き、快適に使うことができます。
使い捨てコンタクトレンズを除く一般的なソフトコンタクトレンズの場合は週一回または毎日、ハードコンタクトレンズの場合毎月または週1回たんぱく質除去を行うことをお勧めします。
※ただし、使用頻度はケア用品の種類によって異なります。
たんぱく質除去
毎日のレンズケアで落ちていない汚れは、専用のたんぱく除去剤を使い、週1回から月1回定期的にケアします。
*使用頻度は除去剤により異なります。

使用上の注意点

1日使い捨てのコンタクトレンズ以外を使用する場合は、レンズの手入れをきちんとするように心がけましょう。
また長時間の使用はできるだけ避けましょう。
さらに眼科で定期健診を受け、レンズの寿命がきたら新しいレンズに買い替える必要があります。
また、コンタクトレンズは、どんなに性能がよくなったとしても、どうしても目に負担がかかってしまいます。
家にいるときなどはメガネにするなど、長時間の装着はできるだけ避け、目に負担がかからないようにしましょう。
POINT1
装用時間を守る装用時間には個人差があります。
眼科医から指示された時間内で使用し、眠る時は必ずはずしてください。
POINT2
取扱方法を守るレンズやケア用品の取扱方法を誤ると眼障害につながります。
レンズやケア用品(特にレンズ保存ケース)は常に清潔に保ち、正しい取扱方法を守ってください。
POINT3
定期検査自覚症状がなく調子よく装用していても目やレンズにキズがついたり、眼障害が進行していることがあります。
異常がなくとも眼科医に指示された定期検査を必ず受けてください。
POINT4
異常を感じたらレンズをつける前に、毎日、ご自分で目ヤニや充血がないか、またレンズをつけた後も、異物感などがないか確認し、少しでもこれらの異常を感じたら、すぐに眼科医の検査を受けてください。
特にご注意いただきたいこと万が一、破損などの不具合があるコンタクトレンズを装用してしまったり、レンズが装用中に破損した場合は、自覚症状の有無にかかわらず、速やかに眼科医の検査を受けてください。
 
コンタクトレンズを適切に使用しても以下のような眼障害を発症する危険性がありますので、定期的に眼科医の検査を受けてください。
・長期間の使用により、角膜内皮細胞の減少を早める危険性
・角膜への酸素供給が低下し、角膜浮腫や角膜血管新生などが発症する危険性