初めてコンタクトを使用される方へ

  • TOP
  • >
  • 初めての方へ

-コンタクトレンズの基礎知識-

コンタクトレンズは、様々な視覚異常を矯正するための高度医療機器です。
瞳の表面を覆う涙にレンズを浮かばせて使います。
コンタクトレンズの特徴として、視界がメガネよりも広範囲で自然です。
日常生活はもちろん、スポーツや旅行も楽しむこともできます。

また白内障術後の患者様や
メガネの矯正では視力が出ない方もコンタクトレンズをご利用していただくことができますが、
使用するにはリスクがあります。

正しい知識を身につけて、正しく使うことで、
自身の目の健康を守りましょう。
コンタクトレンズは高度管理医療機器 コンタクトレンズは高度管理医療機器厚生労働省が規制する高度管理医療機器と定められたのは、2005年のこと。手軽に視力を矯正できる便利なものですが、それは透析器、人工骨、人工呼吸器、ペースメーカーと同様に、副作用・機能障害を生じた場合に人体へのリスクが高いものと位置づけられています。眼科の検査を受けて、個人の目に合ったコンタクトレンズを使用すること/正しく使用することは、眼の疫病を防ぐためには必要なことです。眼科の指導に従い、装用期間を厳守し、正しくお使いください。
雑貨としてのカラーコンタクトレンズ 雑貨としてのカラーコンタクトレンズカラーコンタクトレンズとは、一般的な「透明」のレンズではなく、レンズに着色が施されているため、これを装用することで、眼球に「ブラウン」や「ブルー」などの色彩を持たせたり、あるいは黒目を大きく見せたりすることが可能になります。
雑貨屋などで簡単に手に入るようになったカラーコンタクトレンズも、厚生労働省が高度管理医療機器と定めました。
「おしゃれ」を目的としたカラーコンタクトレンズは、以前は「度数が入っていないもの」が多かったため、薬事法では「医療機器」として区分されておらず、あくまでも「雑貨」として扱われていたのです。
 したがって、医療機器でない以上は薬事法に定められた手続きを取る必要もなく、ユーザーとしても処方箋などを提示する必要はありませんでした。
 ところが、雑貨である以上、薬事関連の注意事項などにおいては「無法地帯」となったため、粗悪品が広く出回ったり、目に害を及ぼす製品が問題になったりしたのです。
 粗悪品の中には、使用し続けていると「色素」が溶けだし、それが眼球に大きなダメージを与えるなどの事例も報告されました。
 最悪のケースでは「失明した」という事例も報告されています。
 これを受けた厚生労働省は2009年「カラーコンタクトレンズを医療機器とする」ことを制定し、規制に入りました。
 これにより、それまで出回っていた粗悪品の回収なども進み、以前と比べると、被害件数もだいぶ少なくなりました。
 それでも目に装用することに変わりはなく、やはり正しい使用法などを順守することが大切となるのです。
サークルレンズとはカラーコンタクトレンズとは違った、サークルレンズ。目を大きくはっきり見せるために、網膜より大き目に色がついていて、カラーコンタクトよりも自然につけられるナチュラルな色が多いです。
*伊丹コンタクトレンズセンターでは、高度管理医療機器承認番号がないカラーコンタクトレンズ・サークルレンズの取り扱いはしておりません。